社長メッセージ

“日本の価値”を世界へ提供するフッ素化学のベストパートナー

当社が扱うフッ素素材は、他の物質にはないユニークな特性から、自動車やエレクトロニクスなど多様な業界で活躍してきました。さらに今後も、日本の産業の競争力を高める材料の一つとして、大いに発展が期待できる素材です。


当社が取り組んでいる大きなテーマの一つに、環境への対応があります。米デュポン社や自社の技術力を結集し、フッ素の良さを活かしながら環境負荷を減らす努力を真摯に進めています。社会にとって真に価値ある製品づくりを厳しく追求することが、当社のめざすサステナビリティ(持続性)の一つなのです。


そしてもう一つのテーマが、グロース(成長性)です。素材メーカーである当社の成長は、常に日本の産業界の発展と共にあります。リーマンショック以降、アジアは一大消費地と化し、日本のグローバル・カンパニーもその流れに乗ってアジアを舞台に新たなビジネスを展開しようとしています。当社は、そうした可能性に満ちた新分野に、新たな素材・新たな価値を提供することで、産業界に貢献したいと考えています。2010年にはマーケティング部門を新設し、従来の顧客・業界に限らない新たなマーケットの開拓を始めています。


こうした新たな挑戦は、今までのやり方を続けていても決してうまくいきません。特に産業界全体が大きく変わりつつある今、成長の原動力となるのは、現状を変えようとする人材の力に尽きます。幸いなことに、製造から販売まで一貫して行っている当社には、情熱をもって挑戦できるテーマがたくさんあります。自分の力が社会に役立つのを見届けることもできます。社員自身がやりたいと思うことを実現できる待遇や制度づくりにも努めています。


新たに入社される皆さんにも、自分のやりたいことを明確に持ち、目標達成に向け最後までやり遂げる、強い熱意を期待しています。